自己がん抗原刺激型CTL療法
AKT-DC(Activated Killer T cells and dendritic cells)

手術後の再発予防にエビデンスのある理想的な治療法

AKT-DC療法は、2012年まで千葉県がんセンター木村秀樹先生のもとで国の認めた先進医療として臨床研究され、がん治療として提供されてきました。

肺がんの根治手術を施された患者さんに対し、手術時に切除した所属リンパ節を用いて自己のリンパ球を増殖・活性化させ、強力にCTL (細胞傷害性Tリンパ球)を誘導する治療法です。

がん所属リンパ節には患者さん自身の複数のがん抗原を提示しているDC(樹状細胞)が自然に存在しており、抗CD3抗体の

刺激なしにこれらの抗原提示によって増殖してくるキラーT細胞を中心に治療に用い、これにより増殖したリンパ球の多くがCTLとして活性化されます。術後の再発予防として理想的なテーラーメイド型の個別化免疫細胞療法と言えるでしょう。

bioaccell777.png