書籍紹介

免疫細胞治療に関する書籍をご紹介します。

長年この分野の治療に携わってきた著者たちが、人体の仕組み、がんのメカニズムなどを詳しく説明しています。
がん治療に向き合うすべての人に役立つ情報を教えてくれます。

知っているのと知らないのとでは大違いとよく言われますが、がんに向き合う気持ちや態度が変わるかもしれません。

自然淘汰による生物進化は、結果としてこの忌まわしき「生命体」を創った。深く静かに成長し、集団で不死化。やがて爆発的に増殖して臓器に侵潤・転移しついには宿主のヒトもろとも死に至る…

平林 茂著 1,600円[税別] 河出書房新社

book111.PNG

表面に見える「治療成績」で病院を選んでいないか「余命」マニュアルに沿って宣告しているだけの「余命」とは!?がん患者のあなたの名前を忘れる主治医はいいかげんなのか?抗がん剤はがん細胞を殺すが、
増殖を抑えることはできない。専門外には思いのほか疎い「専門医」氾濫する情報に惑わされずに病と向き合うには。
平林茂 著 880円[税別] 講談社+α新書

book444.PNG

局所の腫瘍を直接叩けるハードパンチャーは、血管内治療です。既存の治療法の組み合わせも無限に広がる進行がんのつくる”バリアー”を解除。無数の選択肢の中から、最善の治療戦略を模索したある患者の記録。
平林 茂著 1,680円[税別] すばる舎出版

book222.PNG

患者さんや家族の方に、 ぜひとも知っておいてほしい「進行がん治療」の大切な知識が満載
◆がん細胞の驚くほど巧妙な「生存・増殖の戦略」を知っていますか◆人体の「免疫システム」は実際にはがん細胞をどのように征圧するのか?◆進行がん治療の新キーワ ード「長期不変」とは、どのような状態のことか?◆遺伝子ネットワーク説の「がんと免疫は取引き関係 にある・・・」は何を意味するか?◆免疫細胞療法はどこまで 進化したのか、その客観的な治療成績とは?◆免疫細胞療法との組み合 わせを考えたい、注目すべきがん治療法とは?
平林茂 著 1,500円[税別] 河出書房新社

book333.PNG