RIKNKT(NKT細胞標的治療)

~理研免疫再生医学とのコラボレーション技術~

理化学研究所発のバイオベンチャー企業 株式会社理研免疫再生医学がもつ、NKT細胞活性化技術を使用して、体内のNKT細胞の活性化を特異的に促す樹状細胞ワクチンです。

NKT細胞の特徴は、T細胞受容体を有するNK細胞です。ただし、一般のT細胞は、細胞表面の組織適合抗原上に提示された抗原を認識するのと異なり、抗原提示細胞上のCD1d分子が糖脂質と結合してNKT細胞を活性化させることが知られています。株式会社理研免疫再生医学の技術で、化学的に合成されたαガラクトシルセラミドは、GMPレベルの高い品質をもち、高い活性化を促します。NKT細胞療法の特徴は、この細胞が高度に活性化されると強力に細胞性免疫を誘導し、T細胞、NK細胞など腫瘍に対して攻撃する能力をもつリンパ球を活性化することが期待できます。