免疫細胞療法とは?

第四のがん治療からがん治療の中核へ

「手術」「放射線療法」「化学療法(抗がん剤)」は、がんの三大療法といわれています。医学の研究開発により三大療法も大きく進歩していますが、治療そのものや副作用に伴う苦痛は少なくありません。そこで今、『第四のがん治療』として注目を集めているのが、がん免疫細胞療法です。

実は我々の体内では、健康な人であっても、常にがん細胞が発生していると考えられています。しかし、がん細胞を攻撃する免疫細胞も存在しているため、すぐには病気にはなりません。がんは、様々な理由でがん細胞と免疫細胞のバランスが崩れ、がん細胞の増殖が上回った時にがんという病気になるとよく言われております。

そこで、人間が元々持っている免疫細胞を、人為的に増殖させ、その働きを強化することで、がん細胞を抑え込もうというのが、我々が行っている「がん免疫細胞療法」というものです。

がん免疫細胞療法は、患者さんご自身の血液から免疫細胞を取り出し、数を大量に増やし、活性化させ、攻撃する働きを強化して、患者さんの体に戻します。つまり、「自分で治ろうとする力」を活用するという治療方法です。患者さんご自身の細胞を用いるため、副作用はほとんどありません。まれに発熱やアレルギー症状がみられる程度で、生活の質(Quality of Life : QOL)を維持しながら治療を受けることができます。

バイオアクセルの提供する免疫細胞療法

がん免疫細胞療法は、細胞工学や分子免疫学など最先端の科学に基づいた先進的な治療です。血液中には免疫にかかわるさまざまな細胞が含まれており、それぞれ、がんに対する働きや役割が異なります。

また、一人ひとり顔が違うように、がん細胞もさまざまな個性を持っています。免疫細胞療法はその個性に合わせ、個々の患者さんに適した「個別化医療」を行うことが可能です。

活性化自己リンパ球療法
(αβT・NK)

患者さんから採取した血液からリンパ球やNK細胞を分離し、活性化・増殖させ、体内に戻すことでがん細胞を攻撃させる治療法です。

樹状細胞療法
(細胞性免疫誘導型)

樹状細胞(DendriticCell=DC)とは、体内でがん細胞を直接攻撃するTリンパ球に、がんの目印(がん抗原)を教え攻撃の指示を与える免疫細胞です。

自己がん抗原刺激型CTL療法

肺がんの根治手術時に切除した所属リンパ節を用いてリンパ球を増殖・活性化させ、強力に細胞傷害性Tリンパ球を誘導する治療法です。

RIKNKT
(NKT細胞標的治療)

株式会社理研免疫再生医学がもつ、NKT細胞活性化技術を使用して、体内のNKT細胞の活性化を特異的に促す樹状細胞ワクチン療法です。